人一倍 敏感な気質を持つ娘のこと(感覚のこと)

【娘の感覚のあれこれ】

服など、肌に触れるものは、柔らかくて刺激のないものを好む。

動きやすさや厚みを気にして、気に入ったものでないと着てくれない。

靴は、足にぴったり合わないと嫌がる。

少しでも汗をかくと全身着替える。

靴下は一日に何回も履き替える。

手に何かつくとすぐに洗う。念入りに。

手を拭くタオルが少しでも濡れていると嫌。

食事中、口の周りが汚れるのを嫌って、常に口を拭きながら食べる。

料理、食品は、においを嗅いでから口に運ぶ。

特に野菜、魚は、いわゆる良質な食材でないと食べてくれない。

電車やバスの中、地下鉄ホームなどで、「ここ臭い」と騒ぐ。

近隣の生活音にドキッとして驚いたり、

バイクの走行音で、恐いと泣いてしまうことも。

色んな音が混じり合う場所を嫌う。

ぶつけたり、すり傷をつくったとき、大げさ?に痛がる。

などなど。

このような感覚を持った幼い子どもに向き合うって、とても疲れるんですね。。。


幼稚園の頃は、娘からのたくさんの訴えに、こちらは、ため息ばかりでした。

「我慢」と言ったって、それは出来ないし、

娘の場合は、その場で解決してあげないと、どんどん機嫌が悪くなって、

癇癪を起こしていましたから。

なんて面倒な子 と思って、いつも私はイライラしていたんです。(ごめんね

当時は、HSCという概念があることを知りませんでした。

もし、知っていたら、自分の子を不思議がらずに、もっと優しく接してあげることが出来たはず。

「神経質で手のかかる育てにくい子」ではなく、

「生まれつき敏感で繊細だから守ってあげなきゃいけない子」なんだと理解できていたら、

向き合い方も違っていたはずで。。。

いつも不機嫌な顔で娘に接していたな と振り返ると、謝りたい気持ちで一杯になります。。。

今の娘は、不快なことには自分で対処できるようになり、慣れて平気になってくれた事もあり^^

Tagged on: